キャリアアップをはかった転職のパターンを知る

キャリアアップをはかった転職には大きく分けてふたつのパターンがあります。
これから社会に望む新社会人は特に、これからの仕事への取り組み方でキャリア形成に大きく違いが出るために知っておくことが大事です。

まずはひとつの技能を深く追求して新たな職場を求めることです。
誰もが行えるわけでは無い特別な技術を身に付けることによって他にない力を携えたうえでキャリアアップを図るというものです。
モノづくりの職人がその典型例となりますが、ITにおけるエンジニアもその部類に入るとされます。
専門性の高い仕事に就くことによって、高い報酬を望むことができますし、転職においても好条件で採用される可能性が高まります。
ただしリスクとしては、その仕事を求める業界そのものが衰退してしまうと、積み上げてきたキャリアが無駄になる恐れがあることです。
もちろん、直接関わる仕事に伴う形で基礎的なビジネススキルを身に付けていれば、他の業種へ活かすことは可能です。

そしてもうひとつのキャリアアップをはかった転職の方法は、広く多くのスキルを身に付けて転職することです。
例えば営業職に携わるのであれば、営業という仕事の他にプロデュースやコンサルタント的な活動を行うことで、横に広がりのある技能を身に付けることができます。
様々な業界に通用する経験と知識を積み上げることにより、将来異業種へ転職しさらなるスキルアップを目指すためにも役立つことになります。
ただし広く浅い知識なので専門性には欠ける場合もあると考慮しなければなりません。

このように、自分が何を求め、どのリスクを負うのかを定めた上で、どのような形でのキャリア形成を図るのかを定めておくことが大事です。定めてしまえばあとはあなたのリスクを乗り越える勇気次第となります。勇気と自信を持って、転職活動に挑む姿勢も大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です